EH200-12 倒木でパンタ破損 明科で機回し(2016/6/10)

2016年6月10日(金)篠ノ井線 平瀬(信)~田沢間にてEH200-12号機牽引の下り貨物列車(2085レ)が倒木に衝突しました。当該列車はパンタグラフを破損し、その後明科まで運転されましたが明科で機回しを行い南松本まで戻りました。

DSC04748
撮影地:田沢~明科
撮影日:2016/6/10
列番:2085レ
DSC04762
パンタグラフの破損状態(明科駅にて)

DSC04733
撮影地:田沢~明科
撮影日:2016/6/10
列番:5463レ

当該の2085レはしばらく田沢に止まっていたみたいで10時頃明科中線に到着しました。
11時過ぎからEH200-12の機回しが始まり13分ほどかけて反対の南松本側へ連結されました。
その後11時25分頃に南松本へ向けて発車していきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鉄道リンク

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

スポンサーリンク