この記事の写真はカメラと現像ソフトとの相性の関係で露出がおかしい場合があります。

快速『大糸線紀行号』運転 復路&回送編(2011/10/15)

2011年10月15日(土)高崎車両センター所属の旧型客車3両を使用した

快速『大糸線紀行号』が松本~南小谷間で運転されました。

全区間、同所属のEF64-37(南小谷方)とEF64-38(松本方)が連結されたプッシュプルで運転されました。

 

DSC05239

撮影地:細野~安曇追分
列番:9322レ

 

今日はいろいろとネタが重なる日でしたが「大糸線紀行号」を撮影することに決めていました。

この列車は明日16日も運転されるのですが明日は撮影に出かけられない可能性があるため

今日だけで十分満足できるように撮影しなければなりませんでした。

 

というわけで午後は復路を撮影するために再び大糸線沿線に出かけてきました。

心配していた天気のほうはあれから大きく変化することはなく良くも悪くもしっかり曇りでした。

(往路編はこちら

 

往路を撮影した安曇沓掛~信濃常盤間で再び撮影するのもいいのですが

今回は細野~安曇追分間で撮影することにしました。

去年まではここはススキだかが生い茂っていてとても撮影できる場所じゃなかったのですが

今年はきれいに刈ってあったため撮影地として利用できました。(キロポストが邪魔かも)

 

ここで撮影した後は特に決めていなかったのですがとりあえず穂高駅より上へ向かうことにしました。

そして穂高~柏矢町間で適当に見つけたこの場所で撮影し

後は特に追い越せそうなポイントもないのでこれで本日15日運転分の撮影は終了となりました。

DSC05247

撮影地:穂高~柏矢町
列番:9322レ

 

~回送編~

松本から長野への回送があるはずなのですがまったく情報を持っていなかったので

篠ノ井線沿線付近で待っていると1015M(しなの15号)の後を追うような形で回送されてきました。

 

DSC05258

撮影地:明科駅付近
列番:回****レ

 

明科駅から1番線列車接近のアナウンスが流れたのでカメラを構えていたのですが

ゆっくり入線してきているようでなかなか来ません。どうやら停車するようです。

停車時間は30秒ほどであっという間に発車していってしまいました。

 

Youtubeにアップロードした動画

コメント

  1. おなさん より:

    はじめまして・・

    昨日は、復路の細野-安曇追分間にて、カーブの先に入れさせて頂き、ありがとうございます。
    こちらを上手くかわしての撮影、良いですねぇ~
    動画もしっかりと拝見させて頂きました。

    こちらも、信州各地で撮影しています。
    又、何処かでお会いした時は、ヨロシクヨロシクです。

  2. mikanmike より:

    はじめまして。

    わざわざコメントいただきましてありがとうございます。
    撮影に際してこちらはまったく問題ありませんでしたので大丈夫です。

    こちらこそ、またどこかでお会いした際にはよろしくお願いします。